大規模修繕工事の見積りを依頼する施工会社をリストアップする方法

大規模修繕工事の見積りを依頼する施工会社をリストアップする方法

施工会社の選定にあたって管理組合が最も重視べきことは、選定の方法や過程が公正であ ることです。施工会社の選定が大規模修繕工事で最も大切な作業と言っても差し支えないでしょう。大規模修繕工事にかかわる業界は談合やリベートがまかり通っているので十分に注意が必要です。

施工会社選定の基本

施工会社選定の基本
公平な立場にある第三者コンサルタントの助言をもとに、最終的には必ず管理組合が主体となって決定すべきです。各施工業者の見積りや提案内容を公平に比較して、マンションにとって、最もふさわしいと思われる業者を選定します。

選定の過程は、理事会やその諮問機関である修繕委員会が組合員に情報開示しながら、組合委員だれもが納得のいく方法で選定する必要があります。

施工会社のリストアップ

具体的な施工会社の選定では、見積もりを依頼する候補をリストアップすることからはじめます。 設計監理方式の場合は、業務を委託したコンサルタント(設計事務所等)のアドバイスを受けながら施工会社のリストアップおこないましょう。

また、責任施工方式についても、理事会や修繕員会のメンバーにに特別な ノウハウがある場合を除いて、マンション管理士等の公正な第三者のアドバイスを受けることが望ましいでしょう。

施工会社の探し方

見積りを依頼する候補を探す方法は、理事会や修繕委員が独自にインターネット検索で探したり、近隣の業者、住人やコンサルタント会社・管理会社からの推薦や紹介などが考えられます。さらに公明正大に進めるために業界紙等を利用して公募をおこなう方法もあります。

見積りの依頼

リストアップした施工会社に対して、理事会や修繕委員で作成した、統一の工事仕様書を提示して、見積りと工事内容についての提案を依頼しま す。