大規模修繕工事の発注方式/設計監理方式

大規模修繕工事の発注方式/設計監理方式

設計監理方式は、設計・施工監理と工事を別の会社にする方法です。設計監理方式では、修繕工事の設計を施工会社とは別の設計事務所などのコンサルタントがおこない、その上で施工会社が契約どおりに工事をおこなっているか監理をおこなう方式です。

設計監理方式のメリット・デメリット

設計監理方式のメリット・デメリット
設計事務所や管理会社などが設計と工事監理をおこない、工事は別の施工会社が行う「設計監理方式」では、設計・監理会社と施工会社の両方に費用がかかり、工事費以外の費用が発生するのがデメリットです。

一方で、設計・工事監理と施工を別の会社がおこなうことで、本当に必要とされる工事を客観的に見極めた上で工事内容を定めることができます。また、管理組合の立場にたった工事監理がおこなわれるため質の高い工事が期待できます。工事の厳正なチェックにより管理組合にとっては安心して進められる方式であする。

また、施工会社の選定では、施工会社の選定を同一基準で入札等をおこなうことにより等競争原理を導入して施工会社を選定することができるため、発注額が1億円を超えるような大規模工事なら「責任施工方式」よりも「設計監理方式」の ほうがコストを抑えられるケースも多いでしょう。

設計監理方式の仕組み

  • 設計事務所やマンション管理士、管理会社に設計・監理を依頼
  • 管理組合の立場にたった施工会社以外の第三者のチェックが入る
  • 施工費用とは別に設計監理費用が発生
  • コンサルタントと施工会社の談合に注意

設計監理方式は、特に大型のマンション等において、主流となっている方式です。工事の実施に区分所有者の合意が厳正に求められ工事内容・工事費用の透明性の確保、責任所在の明確さなどの点で望ましい方式といえます。

設計監理方式導入の注意点

「設計監理方式」では、施工会社の選定をコンサルタントに任せきりにするケースがが多いですが、施工会社とコンサルタント両者の間に談合が生じやすいデメリットがあります。まず、信頼できる設計と監理をおこなうコンサルタントを選定することが、設計監理方式での大規模修繕工事を成功させる第一歩です。

悪質コンサルタントの問題

悪質なコンサルタント会牡は、施工会社の選定に関して公募や相見積りを形式上行いますが、最初から施工会社が決まっている出来レースを仕組んで、施工会社からバックマージンやキックバックを受け取っています。