外壁塗装工事

一棟のマンションであっても様々な仕上げが施されていますが、外壁塗装にも経年劣化によりひび割れや剥離などが発生します。建物の延命や美観維持のために定期的な補修や再塗装が不可欠です。対象箇所は建物の外壁や共用廊下・階段、庇・バルコニーの上げ裏の部分等です。外壁の再塗装の修繕周期は一般的に10~15年程度とされています。足場が必要になるため、通常は大規模修繕工事で屋上防水などと同時に行います。

作業工程(洗浄 → 下地補修 → 塗装)

足場設置後には、高圧洗浄機で既存塗膜表面の汚れを丁寧に洗い流します。その後、外壁のひび割れや欠損部等は下補修を行います。表面が白亜化(チョーキング)したり、は浮いている箇所はワイヤブラシやディスクサンダーなどで除去します。こうした作業が不十分だと新しい塗謨の密着が不十分で浮きや剥れの原因となるので重要な作業です。

通常築後12年前後に行われる、第1回目の大規模修繕時における壁面塗装(塗替)では、既存塗膜を全面的に剥離させることは少なく表層に重ね塗りする方法が主流です。

回数を重ねる毎に塗装面全体の劣化が進行した場合には、既存塗材を全面的に除去し再塗装を行うことが望ましいでしょう。

【塗装工程】

現場では、外壁は何回かに分けて下塗り、中塗り、上塗りなどがそれぞれ乾燥させる期間が必要なので、複数箇所で並行して進みます。

塗料の選択では、コストや劣化の状態や対象部位等によっていくつかのグレードがあります。既存の塗装と異なる材料を用いる場合には、新旧塗膜の適合性に注意を払わなければなりません。塗料には相性があるので、新旧塗膜の適合性については、設計事務所等のコンサルタント等と十分に打合せて決定する必要があります。

工事期間中の対応

工事期間中、外壁洗浄や塗装をおこなう際にはベランダで洗濯物が干せない期間が発生したり、養生のためのビニールシートなどで覆われるため通行制限など、住人に不便も生じます。
住人にとっての関心は外壁仕上げ材の色や質感ですので、壁面の一部を見本塗りして色決めのアンケートなどを配布するなどの配慮も重要となります。

前の記事

屋上防水工事