工事をスムーズに進行させていくために、管理組合としても施工会社に協力しなければなりません。居住者等に協力してもらうために工事着手に先だち、居住者に対して、工事への理解と協力要請のための説明会を開催します。

工事が始まると、工事発注者としてやらなければならない業務が出てきます。施工会社とは別に工事監理を委託して監理者を配置した場合でも、最終的に理事会が決定をしていかなければならない事項がでてきます。

また、工事がひととおリ完了すると竣工検査となるので、工事を成功に終わらせるためにも最後のチェックが重要になります。不具合があった場合には、施工会社に補修を依頼しなくてはなりません。