大規模修繕工事におけるコンサルタントの役割は「設計施工方式」「工事監理方式」といった発注方式の違いによって役割は異なってきます。

コンサルタントがどのような立場であっても、管理組合とのコミュニケーション能力や建物(建築・設備)の知識など総合力が求められます。

管理組合に正しい情報を提供して、長期的な視点で管理組合にとって有益な提案ができるコンサルタントを選ぶことが重要となります。