マンションを維持監理するためには相応の費用が必要になり、それを賄うのが「管理費」「修繕積立金」です。分譲マンションに暮らす以上、毎月の管理費と修繕積立金の支払いは欠かせません。

管理費は、共用部分の日常的な管理に使い、修繕積立金は建物や設備の維持や大規模修繕工事などに充当するために積立てておくお金です。もし、適切な額に設定されていなかったり、滞納者がいると修繕のための費用が不足してしまいます。

修繕積立金は、長期修繕計画に基づく額であることが必要です。修繕積立金が足りないと大規模修繕工事を実施する際に一時金として徴収する必要性がでてきます。今現在、安いからと喜べないのが修繕積立金です。

工事のつど徴収していたのでは合意が得られず、未納等により工事費用の不足が発生して大規模修繕工事ができないといった事態を招く恐れがあります。

長期修繕計画を作成や見直しをおこない、計画期間内の修繕費用を全て修繕積立金でまかなえ るように、各戸から徴収する積立金の額を設定するのが原則です。修繕積立金は、マンションを長期間にわたり、良好な状態に維持していくために必要なものです。