分譲マンションを購入すると区分所有権を有する区分所有者になり、区分所有者全員をもって管理組合を構成することになります。そして、マンションの管理運営や維持管理の方法を自分達で判断して実行することになります。この管理組合の意志決定機関が「総会」です。

大規模修繕工事の内容、資金調達等の内容が固まり、計画案がまとまれば、議案として総会に諮って、組合員の賛否を問うことになります。

この議案を定期総会で諮る場合もありますが、定期総会は決算報告や役員の改選等の通常の議案もあので別途、臨時総会を開催する方法もよいでしょう。

総会では、工事内容や工期、工事費用、資金調達の方法施工会社の選定等、工事に関係する一連の事項を決議しておきます。