大規模修繕工事の検討段階では、建物に関する資料の収集・整理が欠かせません。それぞれのマンションでは過去において何らかの修繕を積み重ねてきています。これはマンションの維持保全をする上で非常に大切な情報となります。

これらの資料(工事履歴・竣工図書・点検結果報告書)などがきちんと保管されているか確認をおこなう必要があります。大規模修繕工事に際しては、管理組合に保存されているこうした図書類がおおいに役立つこととなります。