長期修繕計画とは、建物各部の耐久度に合わせ、30年先といった長期的な展望にたって、あらかじめ策定しておく修繕計画のことです。

大規模修繕工事のベースとなる長期修繕計画は、将来、必要になる工事費を把握して修繕積立金の過不足を確認するとともに、必要であれば値上げを検討するためのの根拠となります。

長期修繕計画により、修繕項目、時期、費用を明確にし、維持管理に必要な修繕積立金の額をはっきりとさせ、修繕積立金の変更時にその根拠を示すことで組合員の理解を得やすくなります。

また、長期修繕計画を示すことで大規模修繕の実施段階では、すでに修繕の必要性についての認識が組合員にあるので、合意を得やすくなる効果も期待できます。