国民の10人に1人がマンションに住む時代を迎え、高経年マンションが増えています。築年数の経過につれ、マンションの劣化や陳腐化が進むと、建物全体がスラム化して資産価値を毀損する恐れがあります。管理組合が取り組むべきテーマとして、経年による建物や設備の劣化にどう対応するか、資金の確保な万全かという課題が目前に迫ってきています。

マンション管理に関するお悩みでも特に大規模修繕工事に関する相談は後を絶ちません。大規模修繕工事とはマンションで計画的におこなう修繕のうち、足場を設置しておこなう外壁塗装や防水工事などを含む工事のことです。通常は、おおよそ10 ~15年周期で工事を実施します。大規模修繕工事をきちんとおこなうかどうかは、マンションを維持管理する上での重要なポイントとなります。

長期修繕計画に従って、屋上防水や外壁塗装などの大規模修繕を実施するにあたって、理事会は計画をたてて総会の決議を得る必要性があります。長期修繕計画にある大規模修繕は一つの目安ですので、実施にあたっては、取り決めなければならない事柄が数多くあります。

大規模修繕工事は、多額の費用が必要となり、建築に関する専門的知識も少なからず必要となります。このように 「大規模修繕工事」は、管理組合の皆様が建物を維持管理をする上で最も大きな課題になっています。このような課題を解消するためにこれまで培ったノウハウをもとに、マンションの修繕工事の準備から工事完了まで大規模修繕に関する情報を管理組合や居住者に対して提供することを目的として本サイトを運営しています。

本サイトでは、管理組合の方々大規模修繕工事に取り組む際に必要な基本的な知識について分かりやすく解説していきます。