大規模修繕工事とはどのような工事を指すのか特に定義はありません。一般的には長期修繕計画の修繕項目の中で10~15年周期でまとめて行われる工事のことを呼んでいます。

大規模修繕工事を具体的にどのように進めていったらよいのか、管理組合の役員にとって大きな課題であり、準備段階から実施、完成に至るまでのプロセスにおいて、その役割と責任は非常に大きなものとなっています。

このカテゴリーでは、大規模修繕工事を成功させるために必要となる基本的な知識について説明していきます。