大規模修繕工事の実施の方法には、主に設計監理方式責任施工方式の2つがあります。

この委託・契約の方式の違いによって、管理組合のパートナーとして支援を行う専門家との関わり方が異なってきます。

検討段階では、どちらの方法を採用するかを決定して、それぞれの方式にあった専門家を選ぶ必要があります。