マンション管理組合が大規模修繕工事を計画すると、大半の労力が準備期間に費やされます。

実際に工事を着工する段階では、このプロジェクトの8割方は完成に近づいているといっても、いいすぎではありません。

大規模修繕の準備は、一般的に理事会が直接おこなう場合と、理事会の下部組織として別組織を構成する場合があります。

大規模修繕工事は、長期にわたり、かつ専門的知識を必要とするので、1〜2年任期で交代する理事会の負担を越える作業となります。

そこで、大規模修繕工事の検討段階での作業は、まずは専門委員会などの組織づくりから始まります。